学校法人田村学園 事業部 スポーツアカデミーチーム
スポーツアカデミー
;
















            
 テーピング
テープを使って体の正常可動範囲を超えることなく関節、筋肉、靭帯、腱などを保護する技法のことです。
 テーピングの目的
1、ケガ予防
 ケガを事前に防ぎ、関節や筋肉を補強・強化します。ケガ予防の手段としてテーピングを行います。
2、応急処置
 ケガをしてしまったとき、患部を固定・圧迫することで腫れなどを最小限に抑えます。
3、再発防止
 ケガをした部位に対し、ケガを繰り返さないためにテーピングを行います。
 テーピングの効果
1、可動範囲の制限
 固定して可動範囲を制限できます。制限することでケガを防止することができます。
2、患部の補強
 テーピングをすることで、部位を補強します。負担をかけないので、ケガの再発防止につながります。
 テーピング用語
スターアップ
 関節を曲げずに内反・外反の動きを制限すること。
アンカー
 テーピングの最初と最後の基点として貼ること。
ホースシュー
 足首のテーピングに使われる馬の蹄のように貼ること。
サーキュラー
 テーピング部分全体を覆うように貼ること。
フィギュアエイト
 8の字を描くように貼ること。
ヒールロック
 かかとの固定のために貼ること。
Xサポート
 関節の下部のアンカーから関節の上部のアンカーまでX字型に貼ること。
ブリッジ
 Xサポートの上に貼ること。
スパイラル
 螺旋状に貼ること。
 簡単な指のテーピング例
1 アンカーテープを巻く 2 Xサポートを貼る 3 ブリッジを貼る 4 全てを覆うように貼る






























TOP   アカデミーとは   スクール   ZEAL-SHOT   ●アカデミーブログ   ●スポーツ情報リンク集   ●プライバシーポリシー   ●問い合わせ   ●アクセス


COPYRIGHT(C) ALL RISK MANAGEMENT BUSINESS SCHOOL ALL RIGHT RESERVED